メンテナンスの簡単さで選ぶ

天然木と人工木の違い

天然木には2種類あります。1つはソフトウッド、もう一方はハードウッドという名称で呼ばれています。ウッドデッキの材料として主流なのはソフトウッドのほうとなっています。

これは文字通り柔らかい木材で、比較的手軽に安く購入できます。身近なホームセンターでも扱われており、代表的なものですとSPF材という名前で販売されている木材です。このSPF材と呼ばれる木材は、カナダ西海岸の温帯樹木で最も多い樹木の頭文字(S=スプルース、P=パイン、F=ファー)をとった名称になっています。

ツーバイ材という名称で流通している場合もあります。ただしこの材木は基本的に防腐塗装などのメンテナンスをしない場合、屋外や水によくぬれてしまうような場所にはあまりオススメできません。

ソフトウッドのメリットは風合いやぬくもりがあり、柔らかいので加工が楽なところでしょう。また安価なので安定して手に入れることが可能です。しかしデメリットもあります。柔らかいということは衝撃に弱いということでもあります。

腐朽やシロアリの被害も多く、メンテナンス次第では2年程度で腐ることもあります。そこで最近では、この欠点を克服した国産のスギやマツからできた木材、あらかじめ防腐処理されたSPF材もあります。

いずれにしても1年ごとを目安にしっかり防虫や防腐塗装といったまめなメンテナンスは必要になります。自分でメンテナンスをする場合、基礎部分や裏側には手が届きにくいので、塗装が難しい場合があります。また雨や雪でぬれると滑りやすくなってしまうのもデメリットの一つとして挙げられます。

天然木にはハードウッドと呼ばれるものもあります。これは腐りにくく、メンテナンスもほぼ不要というすぐれた特長がある一方、ハードウッドと言うだけあり、堅い木材のため実は加工はプロでも難しくDIYする場合には向いているとは言えません。またソフトウッドに比べ価格が高く、安定して供給されないと言うことがデメリットとして挙げられます。さらに、ハードウッドと言ってもやはり天然木なので腐食やシロアリの被害が全く起きないということではありません。

ここでソフトウッド、ハードウッドの天然木と比較したいのは樹脂が主な材料になっている人工木です。天然木とは異なり、主にポリプロピレン(プラスチック)と木粉を混合して、押し出し成型で製造したもののことを指します。

腐食に強く、湿気を吸わない、ささくれなどが起きない、変色や変形が少ないといったメリットがあります。また加工しやすく、そして傷がついたらやすりで補修することも可能な点もメリットとして挙げられます。

また天然木と違い、1年ごとのメンテナンスも不要ですが、メーカーによっては反ってしまうこともあるので、そうなった場合は部品を交換する必要が出てきます。天然木のような風合いやぬくもりには欠けます。また雨が降ると滑りやすくなる、真夏などは表面がかなり暑くなるので注意が必要、といった点がデメリットとしてあります。

メンテナンスが手軽なオススメのウッドデッキ素材は人工木!

前述にてご紹介したように、ウッドデッキを作る時にソフトウッドを用いた場合、費用対効果がいいとは言えないだけでなく、1年ごとのこまめなメンテナンス、手入れが必要になってきます。いくらソフトウッドが手に入れやすいからといっても、メンテナンスや防腐処理などのコスト、耐久年数を考えると割高感が出てしまいます。その点、人工木なら耐久性が高いだけでなく、メンテナンス自体がほとんどいらない、もしくは楽に行えます。

最近の人工木は技術革新から本物と間違えるくらいのクオリティが保たれるようになりました。樹脂が主な素材なのでソフトウッドのように腐食せず、色褪せもしにくいので、長く使えるウッドデッキに適した素材として知られるようになりました。

元々ウッドデッキは「ウッド」という単語が使われているように木材で作ることが主流でした。ところがソフトウッドはメンテナンスが必要、ハードウッドは価格が高くコストパフォーマンスがよくありません。本物志向のある方ならいざ知らず、人工木なら長持ちで、中には10年も持つというタイプもあります。

おススメの人工木について

ここではおススメしたい人工木のウッドデッキについて、「商品名/素材/腐食具合/保証年/販売価格」の順番でご紹介をします。

ウッドデッキ材の種類 素材 腐食 保証年数
「リウッドデッキ」YKK AP 木粉、ポリプロビレン 腐りにくい 2年
「樹ら楽」LIXIL 木粉入り高密度樹脂 腐りにくい 2年
「彩木」MINO ウレタン樹脂、アルミニウム 腐らない 10年

「リウッドデッキ(200Tタイプ)」YKK AP

YKK APの「リウッドデッキ」
引用元:YKK AP(https://www.ykkap.co.jp/products/ex/item/series/rewood/)

販売価格

木粉、ポリプロピレン/腐りにくい/2年/販売価格119,250円(幅3657mm×奥行き1825mm×高さ550mm)

約3mmの目地部分には切れ目が入っておらず、うっかり物を下に落としてしまうことがないような構造になっています。そのため、光も床下に通らないので雑草が生えにくくなり、床下のメンテナンスも楽です。

>>手軽にメンテナンスできる「リウッドデッキ」を公式HPで見る<<

「樹ら楽」LIXIL

LIXILの「樹ら楽」
引用元:LIXIL(http://www.lixil.co.jp/lineup/gardenspace/kirarastage/feature/)

 

販売価格

木粉入り高密度樹脂/腐りにくい/2年/販売価格・ステップデッキ1段83,400円(1.5間)/101,600円(2.0間)/111,820円(2.5間)/131,300円(3.0間)
※工事費や配送費、消費税は別途かかります。

泥などの汚れは水洗いできれいにできます。表面のキズは、サンドペーパーで簡単に補修できます。湿気で腐ったり、シロアリの食害の心配がなく、安心して使える人工木です。

>>手軽にメンテナンスできる「樹ら楽」を公式HPで見る<<

「彩木」MINO

MINOの「彩木」
引用元:MINO(http://nuan.jp/case/detail/797)

 

販売価格

ウレタン樹脂・アルミニウム/腐らない/10年/販売価格ASTG ハイブリッド彩木ガーデンデッキ29,000円(ステップ1段・W600×D300)58,000円(ステップ2段・W600×D300+300)145,000円~(W1800×D1500)

素材がアルミとウレタンなので腐りません。当然ながらささくれも発生しません。芯材にアルミを採用しているので、コンクリートと同じくらいに膨張・収縮が発生しにくく、しかも軽いという特徴があります。

ウレタン塗装だけでなく、耐候性を高めるためにトップコートを施してあります。これにより、耐候性試験(照射+降雨)では、3000時間(10年相当)を経過しても色落ちがほとんどないという結果が出ています。と言うことはメンテナンスをほとんどする必要がありません。ウッドデッキのための材料として、最適な特徴を持っています。しかも10年間の製品保証付のため、万が一何があっても安心です。

>>手軽にメンテナンスできる「彩木」を公式HPで詳しく見る<<

3社のウッドデッキ材を実験で比較!
子どもの素足に安心なのはどれ?