耐候性・耐久性で選ぶ

耐候性や耐久性で考えるなら天然木よりも人工木

ウッドデッキ材を耐候性や耐久性の面から調べてみました。天然木は比較的持ちが良いと言われるハードウッドでさえも、屋外の環境変化にさらされ続けると、美しさを維持していくのは大変です。

その点、人工木は耐候性と耐久性はもとより、紫外線による褪色にも強いことがわかりました。

耐候性・耐久性に優れたウッドデッキ材を比較

ここでは、ウッドデッキ材として使われる人工木を開発したメーカーのなかから、特に耐候性や耐久性に優れている素材を選び紹介しています。

それぞれの特徴に加え、販売価格や保証期間も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ウッドデッキ材の種類 費用例 保証年数
「リウッドデッキ」YKK AP 83,000円(W1851×D920)~ 2年保証
「樹ら楽」LIXIL 83,400円(1.5間)~ 2年保証
「彩木」MINO 29,000円(ステップ1段・W600×D300)~ 10年保証

「リウッドデッキ」YKK AP

YKK APの「リウッドデッキ」
引用元:YKK AP(https://www.ykkap.co.jp/products/ex/item/series/rewood/)

リウッドの主原料は、木粉とプラスチック(ポリプロピレン)。硬度が高いため、ペットの爪のひっかきによる傷などが付きにくい素材です。菌類による腐朽やシロアリによる食害に強いため、防腐のための薬品処理をする必要もありません。変色も少なく、美しい質感が長続きします。

>>耐候性・耐久性に優れた「リウッドデッキ」を公式HPで見る<<

販売価格 Sタイプ(高さ550)83,000円~(W1851×D920)
Uタイプ(高さ700)94,000円~(W1851×D920)
※高さは850〜1000まで対応するLタイプまで揃っています。
保証期間 2年保証
※建築会社から商品の引き渡し日から起算しての保証になります。

「樹ら楽」LIXIL

LIXILの「樹ら楽」
引用元:LIXIL(http://www.lixil.co.jp/lineup/gardenspace/kirarastage/feature/)

100%リサイクルの樹脂と木粉を使用した環境配慮型ウッドデッキ材です。腐食やシロアリの心配もなく、干割れやささくれが月日が経ってもできません。材料そのものに着色しているので、色落ちしにくくなっていて、美しい木の質感が長持ちします。

>>耐候性・耐久性に優れた「樹ら楽」を公式HPで見る<<

販売価格 ステップデッキ1段
83,400円(1.5間)
101,600円(2.0間)
111,820円(2.5間)
131,300円(3.0間)
※工事費や配送費、消費税は別途かかります。
保証期間 2年保証

「彩木」MINO

MINOの「彩木」
引用元:MINO(http://nuan.jp/case/detail/215)

表面に2色のウレタン塗装と高耐候性をもったトップコートを塗布することで、紫外線による劣化に強く、いつまでも美しい表情を保ち続けます。

その実力は試験結果でもしっかりと証明されています。メーカーが行なっている耐酸性試験や耐アルカリ性試験において、膨れや剥がれが認められないほど、優れた性能を誇っています。月日を経てもささくれが発生することもなく、また腐食もしないためメンテナンスもほとんどする必要がありません。

保証期間が10年というのも、耐候性・耐久性に自信があるからだといえるでしょう。

>>耐候性・耐久性に優れた「彩木」を公式HPで詳しく見る<<

販売価格 ASTG/ハイブリッド彩木ガーデンデッキ
29,000円(ステップ1段・W600×D300)
58,000円(ステップ2段・W600×D300+300)
145,000円~(W1800×D1500)
保証期間 10年保証
※引渡しから起算して基本保証2年。主要構造の保証は10年です。

 

3社のウッドデッキ材を実験で比較!
子どもの素足に安心なのはどれ?