ウッドデッキ設置のポイントまとめ HOME » ウッドデッキの選び方(価格・耐久性・安全性)

ウッドデッキの選び方(価格・耐久性・安全性)

こだわりポイント別に本サイトおすすめのウッドデッキを選出

見た目や耐久性、安全性など、こだわり別におすすめのウッドデッキをまとめてみました。各ページでは、より詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

天然木のように美しい人工木のデッキ材なら

人工木でありながら、天然木と変わらない質感と見た目を持ち、職人が本物の木と見間違うほど高いクオリティを誇る「彩木」について紹介します。

天然木のような人工木についてもっと詳しく>>

耐候性・耐久性で選ぶ

長く使う場合に大切な耐候性・耐久性に優れたデッキ材を比較し紹介しています。

耐候性・耐久性に優れたデッキ材についてもっと詳しく>>

安全性で選ぶ

経年劣化で「ささくれ」や「ひび」が発生してしまう天然木に比べて、メンテナンス不要で長期的に使用できる人工木は非常に安心な素材です。このページでは、安全で快適な機能を持つデッキ材「彩木」の性能について紹介します。

安全性に優れたデッキ材についてもっと詳しく>>

価格で選ぶ

ウッドデッキを設置する際には、価格も非常に大切ですよね。このページでは、リーズナブルな価格でコストパフォーマンスも高いウッドデッキを紹介しています。

リーズナブルな価格のデッキ材についてもっと詳しく>>

メンテナンスの簡単さで選ぶ

ウッドデッキを長持ちさせるには、メンテナンスが大切ですが、なかなか頻繁にお手入れはできないもの。このページでは、日々のメンテナンスが手軽にできる人工木のメリットについて紹介しています。

メンテナンスが簡単なデッキ材についてもっと詳しく>>

あくまでも天然木にこだわるなら

メンテナンスの面や機能面で優れている人工木。でもやっぱり天然木のウッドデッキが欲しいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。このページでは、そんな方のためにウッドデッキに使用される天然木を、その特徴と共に紹介しています。

天然木のデッキ材についてもっと詳しく>>

DIYするなら

最近のDIYブームを受けて、ウッドデッキを自分で組み立てたいと考える人も多いのではないでしょうか。しかし、材料を一から揃えたり、設計図作りからとなると一気に敷居が高くなってしまいます。このページでは、手軽に本格的なウッドデッキが造れるキットを紹介しています。

ウッドデッキのDIYについてもっと詳しく>>

満足度の高いウッドデッキの選び方

憧れの庭付き一戸建てを手に入れて、「さあ、外回りはどんなふうにしようか」と考えるとき、近年人気の高いエクステリアの一つにウッドデッキを取り入れることがあげられます。家と庭とを緩やかにつなぐ空間として、また部屋同士をつなぐ外からのアプローチとして、ウッドデッキはとても多機能で多くの魅力を持つアイテムとして人気が高いようです。
通常は天然木でできた甲板のことを指すもので独特のナチュラルな風合いを持つ素材感が家の外観をグレードアップさせてくれるイメージがあります。でも実際に選ぼうとすると、天然の木材を使ったもの以外にも現在は人工的な建材を使用したものなど多くの種類があり、色やデザイン、設置後のメンテナンスのしやすさなど、どんなことを大切にした選び方がおすすめなのかよくわからないという人が少なくありません。あらゆる条件をすべて満たすことはちょっと難しいかもしれないのですが、せっかく設置したウッドデッキをどんなふうに活用したいかなど、自分達のこだわりをどこに置きたいかをまずは整理してみることから始めるのがおすすめです。

ウッドデッキを設置することの魅力

家を建てるときには外壁や屋根の質感や色合いなど様々なものを考えながら選びます。しかし、出来上がった家が何となく庭とマッチしていないと感じる場合、家と庭とを緩やかにつなぐ空間としてウッドデッキを設置することで、庭との一体感が生まれるでしょう。玄関以外の場所からのアプローチとしてウッドデッキがあることでとても使い勝手が良くなる機能面での魅力に加え、住宅の外観がウッドデッキを設置することによって引き締まって見えることも特徴です。
グンとグレードアップした住宅に見えるという外観上の魅力も大きなポイントと言えるでしょう。近年は天然木とほとんど見た目が変わらないような人工木の製品などもあり、より取り入れやすく選びやすさが増してきました。家の新築購入時にはもちろん、築年数の経過した住宅にリフォームで取り入れるといった人も増えています。リビングから続くデッキの空間はリビングに広がりを持たせ、第二のリビングのような空間として活用可能です。心地よい風や日差しの中で食事をしたりちょっとお茶を飲んだり、子供たちが遊んだりできる魅力あふれる空間を作り出すことができます。

色やデザインにこだわってみるのも大切

どのような素材でどのようなデザインのウッドデッキにするかを選ぶとき、空間をどのように活用したいかを想像することが大切です。また、設置後にお手入れが少しでも楽な方がいいのか、予算はどれくらいかけられるのかなど、その家独自の様々なこだわりを考えて選ぶことになります。近年インターネットで格安の天然木でできたDIYで簡単に設置できるような製品も数多く見かけるようになりました。ただし、価格と品質はある程度比例するものなので、長く使うことを考えればある程度の費用をかけても満足のいくものを設置するほうが賢い選択だと言えます。家という大きな買い物に付随するエクステリアは、家の雰囲気に大きな影響を与えるものです。
ウッドデッキの設置にかけられる予算がある程度決まったら、用途に合わせて思い切り色やデザインにこだわって選んでみるというのも一つの方法です。そして選ぶにあたっては、ぜひ家族みんなで希望を出し合い「こんな風に使いたい」「デッキの空間でこんなことをしたい」ということを話し合ってみましょう。まるで自分たちの新しい部屋を選ぶときのように家族みんなで盛り上がって楽しい時間を過ごしながら選ぶというのも素敵なことです。

3社のウッドデッキ材を実験で比較!
子どもの素足に安心なのはどれ?