MINO

MINOの提供するおすすめのウッドデッキを紹介。ウッドデッキの特徴やラインナップに加え、MINOの会社情報なども紹介しています。

MINOのウッドデッキシリーズ

MINOのウッドデッキシリーズから、「彩木」を紹介します。

彩木

天然木らしい美しい木目がある木の表情と、優しい質感で人気が高いウッドデッキ建材です。天然の木からわざわざ木目を型取りして、丁寧な塗装で自然な色むらを再現。素材には硬質低発泡ウレタン樹脂+アルミを使っているため、高い耐候性と耐久性があります。

色落ちの心配もなく、メンテナンスもほとんどする必要がないそうなので、扱いやすさも抜群です。

施工する工務店の職人さんですら、本物の木と見間違うほど完成度が高く、実際に調べた私も驚かされました。ぜひ実物をご覧いただきたいウッドデッキ素材です。

ラインナップ

  • デッキ本体カラー/4色(唐茶、桧皮、古木、白茶)、
  • ガーデンウッドデッキASTG
  • バルコニーウッドデッキASTR

それぞれにノーマルデッキタイプとオクトデッキタイプの2種類があります。

  • ノーマルデッキタイプ/段差や傾斜の多いところでも対応OK。
  • オクトデッキタイプ/置き敷き工法で取り外しも簡単。

価格帯

140,000円~(2間×1,000mm)

施工例

MINOのウッドデッキ施工例
引用元:MINO(http://nuan.jp/case/detail/247)

本物の天然木と遜色のない質感に驚かされます。エクステリアを彩る独自の存在感。木のささくれも心配ないので、子供が素足で歩くこともOK。耐候性があるため、メンテナンスも簡単で快適です。

雨の日でも滑りにくい彩木デッキ

MINOのウッドデッキ「彩木」には、雨の日でも滑りにくいという特徴があります。

通常のウッドデッキや床材、特に人工木を使用したものは表面の凹凸が少なく、歩く際の接地面積が広いために摩擦抵抗が低いものがほとんどです。摩擦抵抗が少なくなると、靴底に水膜を挟んで滑りやすくなります。

彩木デッキの表面には、板目に合わせて「浮造り」と呼ばれる凹凸加工が施されています。これにより摩擦抵抗が高くなるため、滑りにくくなるのです。

木目間隔の広い部分は、他のウッドデッキと同じく比較的滑りやすい場所となりますが、セラミックの耐摩耗処理をした彩木デッキであれば、木目間隔の広い部分でも滑りません。

MINOの会社情報

会社名 MINO株式会社
所在地 【伊那本社】長野県伊那市西箕輪2700
【業務センター】神奈川県相模原市緑区橋本3丁目22番14号
商品ラインナップ バルコニー手すり、ルーバースクリーン、エクステリア・フェンス、外装材・彩木ハーフティンバー、フラワーボックスなど

3社のウッドデッキ材を実験で比較!
子どもの素足に安心なのはどれ?