天然木(ソフト)

ここでは、ウッドデッキに使用される天然木の中でも、加工がしやすく扱いやすい「ソフトウッド」について紹介します。

扱いやすく、リーズナブルなウッドデッキの天然素材

広葉樹のハードウッドに対して、ソフトウッドは針葉樹系の樹木になります。えぞ松(スプルース)や松(パイン)、モミの木(ファー)が主流で、これらはSPF材と呼ばれています。原産地は、カナダから北米の山脈地帯産がほとんどで、カナディアンウッドとも呼ばれています。

いずれの木材も空気を多く含んでいて、軽さと柔らかさを併せ持っているため加工がしやすく、DIYでも扱いやすい素材です。よくホームセンターなどでウッドデッキ用として売られている素材も、SPF材が多いでしょう。これは、ハードウッド材で必要になってくる、下穴加工と皿取り加工をする必要が無く、直接コーススレッド(ビス)を打ち込めるため、初心者でも扱いやすいからです。

ウッドデッキ素材としてポピュラーなのは、扱いやすさばかりでなく、ソフト系の天然木は供給量も安定していて価格面でもリーズナブルだからです。大掛かりなものではなく、手軽にウッドデッキを作りたい方には重宝する素材とも言えます。

扱いやすい分、耐久性の面で劣る部分も

ただし柔らかさや加工のしやすさは、その反面デメリットにもつながります。どうしても傷みやすいため、定期的な点検や塗り替え、メンテナンスに気を遣わなければならず、維持していくのが大変です。耐水性という点では致命的な短所があって、ソフト系の天然木は非常に腐りやすくなっています。

場合によっては1~2年で腐ってしまったり、虫に食われてしまうことも。防腐剤などを注入したソフトウッドもありますが、それでも耐久性の面では限界があります。

野外で使用するウッドデッキで、SPF材などのソフトウッドを使う時は、防腐処理は必要不可欠です。ただし、どんなに防腐塗装や処理を完璧にしてあるとしても、ハードウッドと比べると劣化の早さは否めません。

ちなみに、あらかじめ防腐処理がしてあるSPF材は一目瞭然です。大抵木材が淡い緑色をしているので、すぐにわかると思います。

3社のウッドデッキ材を実験で比較!
子どもの素足に安心なのはどれ?