ウッドデッキ設置のポイントまとめ HOME » 天然木ウッドデッキと人工木ウッドデッキの違い

天然木ウッドデッキと人工木ウッドデッキの違い

ここでは、ウッドデッキに使用される代表的な素材として、「天然木(ハード)」「天然木(ソフト)」「樹脂・人工木」の特徴やメリット・デメリットを紹介します。各ページでは、それぞれの特徴についてより詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

最適なウッドデッキを選びのポイント

天然木(ハード)、天然木(ソフト)、樹脂・人工木それぞれにメリット・デメリットがあります。ウッドデッキを設置する際に大切なのは、あらかじめそれらを充分理解しておくこと。そうすればお手入れやメンテナンスの際にも慌てず対処できるでしょう。

素材 メリット デメリット
天然木
(ハード)
●木本来の美しさと高級感を持っています。
●耐久性・耐候性が共に高く、屋外の使用に適しています。
●シロアリやフナクイムシといった害虫に強い。
●一般住宅だけでなく、公共施設や商業施設のウッドデッキにも採用されるほど、信頼されています。
●扱いに慣れていないと加工が難しい。
●経年変化により色褪せが起こります。
●モノによっては樹液が染み出してしまうこともあります。
天然木
(ソフト)
●素材が柔らかいため、施工がしやすく初心者やDIYでも扱いやすい。
●安定した供給量があり、ホームセンターなどでも簡単に入手可能。
●ハードウッドに比べ、価格がリーズナブル。
●防腐処理を施してあっても、腐りやすく、経年劣化しやすい。
●経年変化により色褪せが起こります。
●傷みやすく、定期的な点検や色塗り替えが必要。
●メンテナンスやお手入れが面倒。
樹脂・人工木 ●天然木のようなクオリティの高さがあり、木の風合いや質感も充分あります。
●耐久性が抜群によく、経年劣化がほとんどみられません。
●耐腐食性にすぐれているため、腐りません。
●メンテナンスが簡単。
●ささくれの心配もなく、素足で歩くこともOK。子供が遊んでいても安心です。
●色むらがなく、褪色もほとんどしません。
●再生プラスティックを使用したものもあり、地球に優しいエコロジー素材。
●あくまでも木ではないため、本物にこだわる人には向きません。
●製品によっては、夏の時期に太陽の光で表面が熱くなってしまうものもあります。
●ハードウッドよりは安価ですが、ソフトウッドよりは概ね価格は高めです。

3社のウッドデッキ材を実験で比較!
子どもの素足に安心なのはどれ?