ウッドデッキの修理とリフォーム

どんなに耐久性や耐候性の高いウッドデッキ材であっても、日本独特の高温多湿の気候条件の前では床板が割れたり、腐ったりしてしまうことは避けられないようです。ここでは、いざという時の対処で慌てないために、劣化の状況別に張替えやリフォームの方法を解説します。

天然木である以上、劣化すれば修理が必要

天然木の中でも耐久性・耐候性抜群だといわれるハードウッドでも、しっかりとメンテナンスをしていかないと、やはり劣化してしまいます。劣化の状況によりますが、張替えやリフォームなどの修理が必要な場合が生じることがあります。

ちなみに修理費用ですが、全部補修するか、部分的な補修かで当然かかるお金は変わってきます。全補修や全塗装の場合は、一般的に7~10万円くらいが相場といわれています。

部分補修ならば、修理費用は安くなります。しかし、どうしても補修した部分の色味や風合いが異なってしまうので、結局全部の塗装をし直し、高い費用を支払ったなんていう失敗もあるようです。

劣化の状態別のウッドデッキ修理の方法

床材のささくれや割れ・反り・褪色などは、自分でリフォームできる場合もあるので、費用を浮かせる面でもチャレンジしてみる価値があるでしょう。

まずは、リフォームしたい箇所の床板を剥がしてみましょう。作業をする際は、刺が刺さらないように軍手を着用すること。ネジなどで土台に固定されているので、電動ドライバーを使うと効率的です。木ねじを外したら、手やバールを使って床材を持ち上げると簡単に外せます。床板をはがしたときに、床板を支える束柱や梁までも腐っていたならば、木材を取り替えたり、腐食部分だけ取り除き、木工の充填剤などで応急処置をしておきましょう。

張り替える床材は、以前と同じものを用意。もし、ハードウッドなどを使用しているなら、普通ののこぎりで切るのは大変なので、電動のこぎりがあると便利です。

張り替えた後は、今後のメンテナンスも考えて、あらかじめ腐食や割れを防止するために、浸透系の塗料で塗装してください。どうしても色ムラが気になるようでしたら、全体を濃い目の塗料で再塗装してしまうという手もあります。

こういったリフォームや修理は、DIY好きの人なら楽しいものですが、けっこう大変だと思います。

設置時は、なかなかメンテナンスやリフォームのことまで頭がまわらないものですが、劣化しやすい天然木ではなく、はじめから人工木でウッドデッキを作ればメンテナンスも楽だし、トータルでの出費も抑えられるでしょう。

3社のウッドデッキ材を実験で比較!
子どもの素足に安心なのはどれ?