メンテナンス

屋外に設置されることが多いウッドデッキは、長く使用するためにメンテナンスが必要不可欠です。ここでは、ウッドデッキのメンテナンスの必要性や、実際のメンテナンス方法などを紹介しています。

実はウッドデッキは過酷な環境に置かれている

ウッドデッキは、屋外に設置される場合がほとんどです。つまり常日頃から雨風にさらされたり、紫外線たっぷりの陽射しを浴びています。四季のある日本は年間を通して寒暖差もあり、そのたびにウッドデッキ材は膨脹や伸縮を繰り返しているのです。

つまり何が言いたいかというと、ウッドデッキはたえず過酷な環境にあるため、お手入れやメンテナンスが大切なのです。

ウッドデッキに使われている素材は天然木と人工木がありますが、天然木の場合は特に劣化が激しいので日常のメンテナンスは大事。手入れを怠ると腐食が始まってしまい、床面にささくれが発生したりして危険です。

ソフトウッドなどは、あらかじめ腐食防止のために防腐剤が注入されているものもありますが、それでも万全ではありません。中から腐ってくることがよくあります。

ウッドデッキのお手入れ方法

汚れが軽い時はモップで簡単に拭き、板と板の間に詰まった砂埃やゴミを取り除きます。砂埃は放っておくと木材の乾燥を早めたり、付着している雑菌が木を腐らせてしまうことがあります。

季節の変わり目など定期的に水を流して、デッキブラシで軽く掃除をしておきましょう。汚れがひどい場合は、中性洗剤を使って洗っても良いです。

ウッドデッキの上に植木鉢やプランターを置きっぱなしにしておくと、通風がなく湿気をおびてその部分だけ変色したり腐食してしまうことも。こちらも位置を動かすなど、こまめに手入れをしてください。

床板の表面にひびが入ったり、反りなどがおこると、釘やネジが浮いてきてしまうこともあります。こうした場合は小さなお子さんでなくても、その上を歩くのは危険です。見つけた場合はすぐに応急処置として、金槌や木槌で打っておきましょう。

メンテナンスを考えると人工木がおすすめの理由

人工木は木粉と樹脂が混ぜてあるので耐久性と耐候性に優れていて、通常それほどメンテナンスに神経質になる必要はありません。汚れやカビに気をつけて、普段から水洗いをしておけば大丈夫です。

塗装の耐久性も強いため、塗り直しの負担もなくコスト的にもお得です。メンテナンスの手間で考えると、ウッドデッキには人工木がぴったりだと思うのですが、いかがでしょうか。

3社のウッドデッキ材を実験で比較!
子どもの素足に安心なのはどれ?