施工の流れ(工務店に依頼する場合)

いざウッドデッキを設置しようとしたのはいいものの、どういった流れで施工業者にお願いしたらいいのでしょうか。そんな方のために、ここではウッドデッキ施工までの流れを解説します。

プロに任せる!ウッドデッキの施工方法と流れ

実際に工務店などの業者にウッドデッキの設置をお願いした場合の流れを紹介します。

1.問い合わせ

インターネットホームページや折込広告などで、いくつかピックアップしたウッドデッキ施工業者に電話やFAX・メール・お問い合わせフォームなどを使って連絡します。

設置する場所のサイズや写真があれば、その後の見積りや打ち合せもスムーズに行なえるでしょう。もし具体的なイメージがなくても大丈夫。信頼と実績を持つ業者ならば、こちらの要望やライフスタイル、予算をヒアリングしてプランニングしてもらえます。

2.現地下見調査・打ち合せ

設置場所の下見を兼ねて打ち合せをしていきます。最初はヒアリングと説明が中心になります。この時、だいたいの予算は伝えるようにしてください。

3.提案

施工完成デザインやイメージの提案が業者からなされます。庭の広さや敷地面積などを最大限活かして、施主のライフスタイルなどを反映したプランになっているか、しっかりとチェック。この時、ウッドデッキ材の説明やメンテナンスについても、しっかりと確認しておきましょう。

4.見積り提案

業者が複数種類のウッドデッキ材を扱っているならば、天然木や人工木それぞれを使った場合の価格を算出してもらえるでしょう。あらかじめ使いたい素材が決まっているならば、見積り前に業者に伝えておけば、スムーズに進行します。

5.契約

提案プランや見積り内容に納得すれば、契約を締結。工事開始時期などを決定します。

6.施工開始

プロならではの腕の見せ所。決められた工期内で、確かな施工方法・技術をもってしっかりと工事を行ないます。

7.引渡し

ウッドデッキ施工工事完了後、施主による確認を経て引渡となります。アフターサービスや保証を行なっている業者であれば、それらの書類も同時に貰い受けましょう。

工務店などの業者に依頼した場合の良さは、アフターサービスや保証が受けられる安心感があることです。工事完了後からのお付き合いを大切にしている業者は、信頼がおけますよ。

3社のウッドデッキ材を実験で比較!
子どもの素足に安心なのはどれ?