ウッドデッキに最適な木材の選び方とは?

ウッドデッキは素材選びが大事

お庭やベランダに設置するだけで、ナチュラル感たっぷりの快適な毎日が送れるとあって、ウッドデッキは大人気。今では業者にお願いして設置する大掛かりなものから、自分でDIYできる簡単なキットまであって、ウッドデッキも随分と身近なものになりました。
ウッドデッキに使われている素材の種類は実はたくさんあって、そのどれを選ぶかでその後の快適度が違ってきます。ウッドデッキを設置しようと考えたなら、まずは素材選びを慎重にしてくださいね。

ウッドデッキに使う
木材の違いって何?

ウッドデッキの素材は、大きく分けて天然木と、樹脂を使った人工木があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、選ぶ際には特徴や価格のみならず、メンテンスのことまでを考えて選択するようにしましょう。

天然木
(ハード)

特徴

熱帯広葉樹のハードウッドは、とても硬い木で、木独特の節が無く、反りや狂いが少ないためウッドデッキ材に適しています。公共施設や商業施設などでも多用されている実績のある素材です。

メリット

耐久性が有り、防腐剤を塗布しなくても腐りにくくなっています。メンテナンスの手間がかかりません。見た目の質感も美しく、高級感があります。

デメリット

文字通り硬い木なので、加工がしにくいためDIYなどには向いていません。価格もソフトウッドよりは高価です。

天然木
(ソフト)

特徴

針葉樹のソフトウッドは、木の繊維が同一方向に向いていて、密になっていません。柔らかい素材のため加工が容易な反面、直ぐに傷がつきやすくなっています。

メリット

安定供給されていて、リーズナブルに材料が入手できます。加工も柔らかい木のため非常にやりやすく、DIYにも向いています。

デメリット

腐食やシロアリなどの被害にあいやすいでしょう。環境にもよりますが、1・2年で腐ってしまうことも。防腐処理は必須です。衝撃にも弱い素材です。

人工木

特徴

木粉と樹脂を混ぜ合わせて作られた人工木は、天然木のような風合いと質感がありながらも、腐食や変色の心配がなく、メンテナンスの手間もかかりません。

メリット

耐久性・耐候性に優れていて、メンテナンスフリーの気軽さと強度・軽量共に優れています。価格も天然木と遜色のない価格帯で各メーカーから発売されています。

デメリット

耐水性が高い分、雨の日などは、デッキの表面部分に水が残りやすく、滑りやすいこともあります。また目地部分に水が残っていると最悪凍結で割れてしまうこともあります。

人工木材は、天然木材のデメリットであるメンテナンス性や経年変化を克服した、まさにウッドデッキのための素材と言えるでしょう。質感やクオリティも天然木に限りなく近くなっています。湿度が高い日本でウッドデッキを設置するなら、人工木はこれからますます需要が伸びると予測できます。

3社の人工ウッドデッキ材を
実験で比較してみたよ!

天然木のウッドデッキ材に比べて、メンテナンス性や耐久性に優れた人工木。では、その人工木のなかでおすすめなのはどれ?
代表的な3社のデッキ材について、見た目や触り心地、重さや安全性を「5歳の子ども」と実験してみました!

デッキ材をドライヤーで熱する実験シーン デッキ材に手で触れる実験シーン

実験した内容

天然木のように
美しいのはどれ?

手で触って
気持ちいいのは?

重くなく屋根に
負担のない板は?

真夏に裸足でも
安心の板は?

真冬に裸足でも
冷たくないのは?

ウッドデッキ材の比較実験を見る!

こだわりで選ぶウッドデッキ

家族が集まる、もうひとつのリビングとも言えるウッドデッキ。特別な空間だからこそ、見た目や安全性など、さまざまな点にこだわりたいですよね。ここでは、特に重視したい6つのこだわり別におすすめのウッドデッキを紹介。さらに、DIYをしたい場合に、おすすめのウッドデッキもピックアップしました。ぜひ参考にしてくださいね。

  • 天然木のように美しい人工木のウッドデッキ材なら

    メンテナンスのしやすさ、耐久性という人工木ならではのメリットを持ちながら、見た目や質感は天然木に迫るウッドデッキ材を紹介しています。まるで木のぬくもりさえ感じさせる品質の秘密とは?型取りから塗装まで、こだわりの内容も解説します。

  • 耐候性・耐久性で選ぶ

    屋外の環境変化にさらされても、耐候性や耐久性で優れた人工木のウッドデッキなら長持ちします。その中でも、もっとも性能を持つ素材を比較調査しました。比較したのは「YKK AP」「LIXIL」「MINO」と、トップクラスのメーカー3社です。

  • 安全性で選ぶ

    大切な家族で楽しむウッドデッキだからこそ、安全性は重要な課題。経年劣化によるささくれやひび割れには、十分注意したいものです。そこでこのページでは、「ささくれができない」「腐りにくい」など、安全面で信頼できるウッドデッキを紹介します。

  • 価格で選ぶ

    ウッドデッキを選ぶなら、価格も気になる要素。ここではリーズナブルな商品をピックアップして紹介します。ただし価格重視の一方で、耐久性などの品質面を犠牲にすると、結局トータルコストが増えてしまうことにもなりかねませんので、そこは注意を。

  • メンテナンスの簡単さで選ぶ

    ウッドデッキ選びで忘れてはならないのが、買った後に継続的なメンテナンスや手入れが必要になるという事実。ただし、人工木を選んだ場合、天然木と比べて維持するための手間暇はかかりません。おすすめの天然木はこのページからチェックできます。

  • あくまでも天然木にこだわるなら

    ウッドデッキを使うなら、天然木ならではの魅力にひかれる人も多いはず。天然木はハードウッドとソフトウッドに分けられますが、ここではより高級感があり、耐久性のあるハードデッキをおすすめ。目的別に種類をラインアップしています。

  • DIYするなら

    ウッドデッキをDIYしたい!という人のためのページです。材料をイチから揃えるとなると大変で、敷居も高くなってしまいますが、最近ではより手軽なウッドデッキキットが多くのメーカーで発売されています。おすすめをチェックしてみましょう。

理想のウッドデッキを設置したい!となれば、まずはいろいろ施工イメージ例を探してみるのがおすすめです。このページでは、「ベランダ・バルコニー」「ルーフ」「テラス」「ガーデン」「ガレージ上」の各設置場所別に加えて、「DIY」の施工例を画像付きで紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

いざ憧れのウッドデッキを作ろうとしても、初めてなら分からないことばかりですよね。このページでは、そんなウッドデッキ初心者のために、木材選びをはじめ、デザイン・設計の進め方、施工の流れ、メンテナンス・修理方法までをレクチャー。幅広く使える知識をまとめたので、お役立てください。

評判のウッドデッキ・メーカーリスト

ウッドデッキを探しているけれど、信頼できるメーカーが分からない、という人のために、評判のメーカーを紹介しています。基本的な会社の情報はもちろん、主力商品や材質、価格や特徴などを徹底的に調査したので、きっと理想的なウッドデッキ選びの参考になるはず。

YKK AP

再生木を使用した「リウッドデッキ」シリーズが人気。人体に影響をおよぼす有害物質が発生しにくい安心ウッドデッキです。

LIXIL

天然木粉を配合した、ナチュラル感のある人工木を使ったウッドデッキ「樹ら楽」をはじめ、人気商品をラインアップしています。

MINO

まるで天然木のような質感・触り心地と、耐久性・耐候性に優れたウッドデッキ「彩木」を開発。そのこだわりに迫ります。

三協アルミ

メンテナンスの手間がかからない、独自のガーデンフロア材「テステラ」をはじめ、使い勝手のよい人工木ウッドデッキが揃います。

いろいろなウッドデッキ木材を
実験で比較しました!

※このサイトは、個人が独自に情報を集めて制作しています(2016年6月現在)。
ウッドデッキ商品や、メーカーの情報は、最新のものと異なる場合がありますので、必ず自身で確認してください。